結婚を機にお引越し「新居探しの旅」

結婚を機にお引越し「新居探しの旅」

バタバタと結婚が決まり新居探し。

飛行機で2時間弱の距離のため、まずは物件サイトでしっかりと吟味する。2LDKで最寄駅から徒歩7分、2階以上で築10年未満で絞ってみた。

多くはないがなかなか良さそうな物件がある。

婚約者にもURLを送り問い合わせの連絡をしてみると、とある不動産屋から連絡が来た。

空き状況の確認をお願いし入居時期を伝えると何ともやる気のない返事。大丈夫か?と思っていたが、その後も何のフォローもない為、別の不動産屋へ問い合わせる。

前回とは違い、似たような物件も送って頂いたり内見の日程も積極的に提示してくる。

これは期待できそうだ!内見の日程を調整しいざ不動産屋へ。不動産屋へ行くと資料をしっかりと準備しており、さっそく吟味した3件物件の内見へ。

期待に胸を膨らませながら訪れたが、期待値が高かった為か少しガッカリした。というのも、例えばリビング11畳と書かれていてもキッチンが3畳程度、専有している為、資料よりも狭く感じられたからだ。

予想外の出来事だったが今後の新居探しに役立ちそうなのでとても勉強になった。

ちなみに野良猫にエサをあげる人がおおく、野良猫被害に困っています。そんなかたは「超音波で猫よけ」がおすすめです。

その後も物件を見に行くがいまいちピンと来ない。一旦不動産屋へ戻り再検討。ここから担当者が何を思ったか20件以上の物件資料を出してきた。

案の定決めきれず、この日は帰宅。その日のうちにフォローの連絡が来るかと思いきや連絡が来ない。数日経っても来ない。期待し過ぎていたのかも知れない。

また振り出しに戻り改めて物件探し開始。婚約者と相談し、2LDKから1LDKへ変更。数年後に家を買う計画を立てているらしく、今しか職場から近いところへ住めないので1LDKで少し部屋のグレード(築浅や駅近や広さ)を上げた物件を探すことにした。

しかしこれまたなかなか決まらない。一人暮らしをする際にはここまで迷いはなかったのだが、やはり2人で住むとなるとお互いに譲れないものがある為、納得のいくものを探すとなるとなかなか見つからないのだろう。

ある程度の妥協点を見出してもお互いの譲れないものが1つでもあればなかなか難しいのだろう。これからも物件探しは続く。