マイホームを建てたときの思い出

マイホームを建てたときの思い出
私がマイホームを建てましたのは、今から3年ほど前になります。

その当時は金利も安く、建てるなら今がお得だと言われましたので、私たち夫婦で話し合いをし一戸建てを建築することにしました。

そのときまだ子どもが3歳と1歳でしたので、これからお金もかかりますし今のうちに建てておこうということになりました。

そして自分たちでどういう家にしたいかなどを話し合いました。まず私が一番重要視していたのが、キッチンの広さと収納の多さです。

私自身やはり料理をしますのでキッチンが広いことが大前提でした。今まで住んでいる家のキッチンの広さはとても十分とは言えない広さなので、キッチンが広いと料理もしやすいですし料理をすることが楽しくなりそうなので、キッチンの広さにはこだわりたいなとおもっていました。

また、収納の充実さなのですが、私の住んでいた実家でさえ収納スペースが少なく、子どももいますと収納は必要になってきます。

痩せすぎの方のサプリメント

ですので、収納スペースを多く確保することも家を建てるにあたって重要な部分ではありました。

また、子どもたちがこれから大きくなるにつれて、子どもたちの部屋も必要となってきますので、子ども部屋の確保もきちんと考えなければいけないなと思いました。

こども部屋は今ではないようなものなので、子どもたちのプライバシーのことを考えますと、近い将来必ず必要になってくるので確保したいと思っています。

ですが、今の時点ではまだ区切らなくてもいいかなと思いますので、将来一人一人になりたいというときに仕切れるような造りの子ども部屋にしたいと考えています。

その考えに主人も納得してくれましたので安心しました。あとのリビングの設計や寝室なども間取りは主人にお任せすることにしていました。

今ではまだ3年ほどしかたっていませんが、すごく快適に過ごすことができますので、マイホームを建ててよかったなと思っています。