賃貸物件にを選んだことについて

賃貸物件にを選んだことについて

大阪に転居してきて、2年目。いそいでみつけたマンションだったために、失敗だらけでした。

わたしが、以前すんでいたマンションは、木造のマンションのために、とにかく、おともれがひどいです。となりのひとが、電話で話している話し声まで、クリアにきこえてしまいます。

また、当時、すんでいたマンションは、バルコニーに、隣人のキッチンの、換気せんがついておりました。

そのため、洗濯物に、隣人のつくる、晩御飯のにおいがそのまんまついてしまい、せっかく、ひろいバルコニーであるにもかかわらず、洗濯物を、部屋干しするしか、ありませんでした。また、

壁がみの素材が非常にうすかったために、すこしの衝撃で、かんたんに、壁に穴があいてしまいました。バスリフォーム

建築工事の仕事をしている、友人にきいてみたところ、本来、天井等、薄い素材の壁紙を、つかっている可能性があるとのことだったため、引っ越しを決意しました。

あたらしく、引っ越しをする物件ですが、そういったことを、ふまえて、じっくりさがしました。不動産屋に状況をつたえ、さがしたなかで、ようやく、良い物件にであうことができました。

今回も、賃貸には、なりますが、わたしは、賃貸がお気にいりです。なぜなら、主人が転勤がおおいし、引っ越しをすることで、気分転換にもなるからです。すぐに、引っ越しをできることは、賃貸の魅力だと、おもいます。

いま、住んでいるマンションですが、壁がすべて、コンクリート素材のために、音もれ対策については、すばらしい物件になります。

ちなみに、家族連れがおおいですが、よく、問題になる、子供の走り回る音など、一さい、きこえてきません。

また、換気線の位置ですが、きっちり、チェックいたしました。いまは、快適に、バルコニーに洗濯物をほせております。

賃貸や、一軒家や、マンション購入など、色々ありますが、賃貸にしてよかったです。